椎間板ヘルニア

50代女性(長崎市)

2012-01-17

数年前から年に3、4回ギックリ腰を起こすようになり仕事も休まなければならない。

病院では腰椎椎間板ヘルニアと診断され、次に強い痛みが起こったら手術を考えていますとの事でした。

治療に対する恐怖心、抵抗感があった為、主に筋肉調整により姿勢・骨格の状態を変化させるような内容を週1ペースで行いました。

幸いにも治療を開始してからは強い腰の痛みは起こらず、足の痺れや突っ張り感も徐々に軽減。

長時間座る事ができるようになった為、大好きなワインを飲みに行く事ができるようになり、

その後はジムに通ったりや社交ダンスができる程度に回復。